‐ Neu-Tral福岡からのお知らせ -

 

平成30年度 Neu-Tral福岡主催 勉強会 のご案内

 

Neu-Tral福岡 2月勉強会

 

平素は当会の活動に格別のご高配を賜りまして誠にありがとうございます。2月のNeu-Tral福岡主催の勉強会は、山崎先生と岡澤先生に御講義いただきます。ご多忙の中とは存じますが、職場の方々もお誘い合わせの上、是非ともお気軽にご参加下さいますよう謹んでご案内申し上げます。

【頭部体幹股関節の運動連鎖】

 

上部体幹・頚部に対する理学療法 

 

 【講師】   山崎 博喜 先生

恵光会原病院 リハビリテーション部 係長)

abstract

運動器における上部体幹へのアプローチの理由は、Head-Arm-Trunk(HAT)の戦略を変化させることによって、上部体幹以外の身体に対する負荷を軽減させること、さらに下部体幹の効率を上げることだと考えています。上部体幹と隣接する頭頚部は運動と感覚をつなぐ役割があることから頭頚部から上部体幹の運動連鎖を再構築することは、機能障害のみならず能力障害に対しても重要と考えています。今回は、頭頚部と上部体幹の評価・運動療法を紹介させて頂きます。

 

 

「下部体幹・股関節に対する理学療法」

【講師】   岡澤 和哉 先生

九州大学病院 リハビリテーション部 )

abstract

体幹に対する理学療法は近年多数研究されている。体幹は動作の要であり、寝返り、座位、立位、歩行動作など全てにおいて重要である。そのため、早期より理学療法士は体幹に対するアプローチを開始すべきであると考える。その中でも、下部体幹は下肢との運動連鎖により、股関節の可動域制限は骨盤を介して腰部や体幹に過剰な運動を強要し、力学的負荷が大きくなることで腰痛など障害を生じやすくなる。また、逆を言えば体幹(脊柱)の機能低下が生じると下肢への障害へ繋がることも考えられる。

そこで今回は、下部体幹と股関節に対する評価や運動療法について紹介し、今後、皆様の臨床場面での一助になればと思います。

 

日時◆ 平成3129日 (土)  18302030

◆会場◆ 山口整形外科医院 1F 理学療法室 

        (福岡市博多区那珂3-11-15

 

〔募集要項〕

 

□ 対   象 : 理学療法士・作業療法士       

 

□ 参 加 費 : 2,000     

 

□ 定   員 : 30

 

□ 申込締切 : 平成31年2月5日 (先着順)

  ※定員に達した時点で受付は終了させていただきます

 

□ 申込方法 : フォームメーラーにて必要事項を入力し、お申し込みください

 

URLhttps://ssl.form-mailer.jp/fms/6a64fa07599893

≪Neu-Tral福岡 お問い合わせ先≫

 山口整形外科医院 リハビリテーション部 (担当:理学療法士 木村まで)

 Tel:092-411-3205、E-mail:neutral_fukuoka_workshop@yahoo.co.jp

 ※@が全角になっておりますのでメールの際は半角に変換してお送り下さい